療育

【発達グレー】長男が療育を始めるまでの、長い道のり

 

私が長男の発達に不安を感じ始めたのは、1歳を過ぎた頃。

なんだか育てにくい気がする

もしかして…

 

先にお伝えすると、長男は4歳2ヶ月で「自閉症スペクトラム」と診断され、現在保育園と並行して療育に通っています。

 

「1歳過ぎてグレーっ気を感じ、4歳で診断がおりるまでに丸3年

 

私にもっと知識があれば、そしてもっと情報があれば、早い段階からできることがあったのに…と、後悔の念に駆られることが今でもあります。

 

 

我が子の発達が気になる…」というママさん、現在こんな事で悩んでいませんか?

  • とにかく育てづらい。
  • うちの子、発達グレーかも…
  • もしかして診断名がつくの?
  • どこに相談すればいいの?
  • 今、私がしてあげられる事ってある?
  • これからどうなるの…?

 

私は長男が診断を受けるまでの3年間、上記について悩み、不安を感じていました。

 

私たち親子は遠回りをしてしまいましたが、「我が子の発達に不安を抱えるママさんに、少しでも参考にしてもらえたら…」という思いで記事を書きました。

 

※あくまで我が家の場合であって、必ずしも「こうあるべき」という事ではないです。参考程度に読んで頂けたら嬉しいです^^

 

【療育】たった半年でも、長男に起きた良い変化長男きい、現在4歳の年中さんです。 今回の記事では、療育に通って半年経った長男に起きた、とても嬉しい変化について書いていきます。 ...

 

息子が診断を受けるまで

 

当時は認めたくなかった私。

 

「長男は発達グレーな気がする…」と思ってはいたのですが、

「もしかしたら子育てってこんなものかも?」

「気のせいかもしれない。大丈夫かもしれない…」

一時期は認めたくなくて、こんな風に自分で自分に言い聞かせていました。

 

大変なのは今だけかもしれない!」と、まだ信じたい気持ちがありました。

 

健診では指摘なし。だけど…

 

1歳半健診で「発達は順調」と言われたものの、現状気になった長男の姿を相談したところ…

 

お子さん賢いんだと思う。早めのイヤイヤ期が来ちゃったんだね。賢いから癇癪がひどいだけ!大丈夫だよ!

 

保健師さんからはこんな風に言われましたが、いくら待っても「早めのイヤイヤ期」が終わる事はありませんでした。

 

そりゃそうです。長男が生まれ持った発達の特性だったんですから…

その後、3歳児健診もクリアしてしまい、完全に肩透かし状態の私。でもやっぱり「あれ?」と思うことが増えてきて…

 

自治体指定の専門機関を受診

 

数ヶ月先待ちでしたが予約がとれ、3歳7ヶ月で受診しました。てっきり発達検査を受けられると思っていたのですが、実際に行ってみたら拍子抜け。

私→心理士さんと1対1でヒアリング

長男→別室で保育士さんと遊ぶ(という名目の観察)

 

見た感じ大丈夫だと思いますよ。それでも気になるようでしたら、4歳で受けられる発達検査があるので、また受診しに来て下さい

 

(えーー⁉︎やっと来れたのに、また生殺し状態…?)

 

私としては、ここで白黒つく!と覚悟を決めていたので、またしてもはっきりしない結果にモヤモヤ…(涙)

同時に、「親として長男にやってあげられる事は、現段階ではここまでか…」と思ってしまいました(そんな事ないよ!!療育とか療育とか!早く見学行ってーー!!!)。

 

そして3ヶ月後、ついに…!

 

保育園で先生に指摘される

 

長男が年少さんになったある日のこと。

担任の先生から個別でお話があり、

 

言葉やコミュニケーションの面で少し気になるので、療育を受けてみてはどうでしょうか…?

 

と言われました。

 

ついに!というかやっぱり来たか…!

 

保育園の先生のおかげで、ようやく療育を受けるべく、確信を持って動き出す事ができたのでした…!

 

 

やっと療育に向けて動き出しました!

 

\またしても、ハードな道のり…/

・発達機関を予約→受診(済)

・区役所に通所受給者証の申請

・療育先の見学

・通所受給者証が届く

・療育スタート

これらに数ヶ月かかりながらも、ついに2020年3月、長男の療育スタートとなりました。

 

発達に関する予約は、今やどこを調べても数ヶ月待ち。「月に一度の指定された日時」しか予約を受け付けていないところもたくさんあります。

 

療育を始めるのは早ければ早い方が良いって聞くのに…もっとどうにかならないかなーって思います。

 

今考えれば「こうすればよかった!」と後悔したこと

 

療育スタートしてから知ったのですが…

療育の先生に、「通所受給者証が手元になくても、区役所で申請をした時点で療育は受けられるんですよ!」と言われた時は、めちゃくちゃ衝撃的でした。

 

〈私たち親子〉

通所受給者証申請→(数週間後)届いてから療育先見学→療育スタート

 

〈本来こうでも良かった〉

療育先見学と通所受給者証申請(同時進行)→療育スタート→通所受給者証が届く

全部済ませてじゃないと、療育通えないと思っていたのに、これでOKだったらしい…。めちゃくちゃ遠回りしたぁぁ(涙)

 

声を大にして言いたい。

 

まずはいの一番に、療育先を見学すれば良かった…!

 

自治体指定の発達機関も区役所も、最短ルートなんて教えてくれなかったからなぁ…(涙)

 

保育園の先生にも感謝です。

 

保育園の先生に療育を勧められなかったら、もしかしたら本当に4歳になるまで何もしてあげていなかったかもしれません。

長男が療育をスタートしたのは4歳2ヶ月。これでも遅かったと思うのに…

 

先生ありがとうございます…!!

 

親として、今できることをしよう

 

あくまで私たち親子のケースですが、保育園の先生に現状を相談するのも、1つの手だなと思いました。

療育に通ってからは

こんな時は、こういう事を伝えたがっているよ。

だからこうしたら良いかもしれないね!

と先生から現状に対してのアドバイスをもらえるので、とても心強く思えます。

「そもそも療育ってどんな事しているの?」と不安に思う方は、気になる療育先を一度見学してみてはどうでしょうか?

現状での療育の必要性や、どんな療育があっているかなども教えてくれると思いますよ!

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

\こちらもオススメ/

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

通所中の療育2ヶ所、メリットデメリット療育を一本化しない理由 現在、私たち親子は2ヶ所の療育に通っています! それぞれ特徴もスタイルも全く違うのですが、どちら...
【療育】たった半年でも、長男に起きた良い変化長男きい、現在4歳の年中さんです。 今回の記事では、療育に通って半年経った長男に起きた、とても嬉しい変化について書いていきます。 ...
【発達障がいをサポート!】知らないと損する特別児童扶養手当 私がこの手当の存在を知ったのは、息子(4歳年中)が自閉症スペクトラムと診断され、療育に通い始めた事がきっかけでし...

 

↓ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けたらとても嬉しいです!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
はちみつこ
はちみつこ
30代前半、食いしん坊ワーママ。 長男が自閉症スペクトラムと診断され、記録がてらブログを始めたところ色々書き綴りたくなり、雑記ブログになりました。 実践すればちょっとだけラッキーになりそうな記事も執筆しています!