お金

【育休2年取得】最後の育休手当延長手続きをしました。

 

我が家の長男が自閉症スペクトラムと判明したのは、まさに次男の産休直前というタイミングでした。

職場のご厚意で育休を2年間取得させて頂けることになり、現在は長男の小学校就学に向け、保育園と併用して療育に通わせる日々です。

次男はまもなく1歳半。今回最後の育休と育休手当の延長手続きを終えたので、忘備録として書こうと思います^^

 

育休を2年間取得する場合に行なうこと

 

育休を2年間取得する場合、1歳の誕生日の2週間前1歳6ヶ月になる2週間前2回行なう必要があります。

我が家も次男の1歳の誕生日前に延長手続きを行い、今回1歳半を目前に最後の延長手続きを行ないました。

 

育休と手当延長に必要な書類

 

自治体によって提出するものに差があるとは思いますが、私が住む自治体では

・育児休業延長申請書

・保育園不承諾通知

この2つを職場に提出することで、次男2歳までの育休延長手続きを人事の方が行なってくれました。

育休手当の延長をしたい方は、保育園不承諾通知を職場に提出する必要があるので、忘れずに用意しましょう!

 

 

まとめ:長男の時は取得できなかった育休

 

今回再び育休手当を延長できたので、職場復帰までの半年間で約100万円の手当を受け取れることになります。

産休手当(出産手当金)も入れるとトータル300万円。頑張ってギリギリまで働いて良かった…(涙)

長男の時は正社員で働いていたにも関わらず育休取得が叶わず、産休と同時にやむを得ず退職した私。

今こうして次男とゆっくり過ごす時間をとりながら、長男を療育に十分に通わせてあげられているのは、育休を2年間取得させてくれた職場のおかげです。

本当にありがたいです。復帰したらガンガン働いて恩返ししないとバチが当たるってもんです。

長男を妊娠中の私がそうだったように、育休を取りたくても取れなかったという方もたくさんいると思います。

今の環境に感謝して、復帰までの残り半年間を悔いのないよう大事に過ごそうと思った私でした。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ABOUT ME
はちみつこ
30代前半、食いしん坊ワーママ。 長男が自閉症スペクトラムと診断され、記録がてらブログを始めたところ色々書き綴りたくなり、雑記ブログになりました。 実践すればちょっとだけラッキーになりそうな記事も執筆しています!