保育の仕事

【保育士】まさかの育休が取れない…大好きな保育園を退職し、その後の職場探しも大変だった話。

 

臨時保育士で妊娠。みんなに祝福されたけど…

 

私が長男を妊娠し、産休育休について園長から打診されたのは安定期に入った頃でした。

 

産休明けに復帰するか、産休に入ると同時に退職するか、どちらか選んでください。

 

私に用意された選択肢は、この2つ。1年間育休を取るという選択肢はもらえませんでした。

今思い返しても、悔しい…って思います(涙)。

 

臨時保育士ではありましたが、クラスリーダーを任され、正職と全く同じ職務内容をこなしていた私。

勤続3年目で、育休取得の条件も満たしていたにも関わらず、私は結局産休入りと同時に、大好きな保育園を退職する道を選ぶことになりました…。

 

産休明けで復帰を選んでいた場合のメリット、デメリット

 

産休明けとなると、産後わずか56日目。生後2ヶ月の我が子を保育園に預けて、職場復帰しなければなりません。

 

・保育士としてのブランクが最小限に抑えられる

・早い段階で収入源を確保できる

 

・産後のダメージが完全に回復しないままの復帰になる

・2〜3時間おきの授乳の時期なので、仕事の疲れと寝不足のWパンチが辛い

保育園の子どもたちが大好きで、保護者の方も優しく、同僚にも恵まれていた私。無理をしてでも産休明けに復帰すれば良かったのかと、今でも思います。

あの時、育休がもらえていれば…

 

そんな風に思うようになったのは、無事に長男を出産し、仕事復帰に向けて本格的に動き出した頃でした。

 

 

働きたいのに働けない「潜在保育士」になった。

 

働きたいけど、子どもを入れる保育園が見つからない…

子どもの保育園が見つからないから、そもそも職場探しができない!

ぶち当たったのは、この堂々巡りの壁でした。

長男の保育園申し込みにおいて「求職中」の私は、順位が低い為一次選考はおろか、二次選考すら撃沈。

保育士の求人は溢れているのに、働きたくても働けないという皮肉な状況が出来上がってしまいました。

 

 

保育士の子どもは、もっと優先的に保育園に入れるようにするべき!

 

 

お子さんを保育園に入れたい?あ、保育士さん!?どーぞどーぞ…!

こんな風に優先してもらえれば、待機児童も潜在保育士も、もっともっと減るのになぁ…

もちろん、保育士だからと言って優先されることもなく、職場復帰したいと思ってから半年以上が経過してしまいました。

 

私が打破した方法

 

お子さんを当園に預けて働けます!

 

そんな私が、いつものように求人サイトを眺めていたある日、とある無認可保育園のオープニング求人を発見!

 

すぐさま応募→運良く採用決定→在職証明書GET!→半年後、長男の認可保育園入園決定!

 

私の場合はこんな感じでした。

長男が自閉症スペクトラムの為、親子で同じ保育園という環境は色々と大変でしたが、結果的に認可保育園に入る事に成功したケースです。

 

職場探しと我が子の保育園が同時に解決できるのは、保育士ならではですよね。

 

 

友人が打破した方法

 

私の友人は、「せっかく新しい職場を探すからには失敗したくない!」と、まずは保育士の転職サイトに登録。

 

 

 

あらかじめ「働きたいけど子どもの預け先が見つからない。できれば預け先がある職場希望です」と伝えたところ

 

「お子さんをうちの系列園に預けて、働きませんか?」という保育園が見つかりました!

と担当の方からメールが!

しかも「保育士も調理師も募集中」の園で、友人は意外にも調理師を選択。

1年ほど調理師として保育現場に携わり、その後お子さんの認可入園も無事に決定。現在主任保育士として働いています。

 

転職サイトのおかげで、思いがけない道がひらけた友人の珍しいケースでした。

 

 

最近の保育士求人は多種多様に…!

 

保育士不足の今、いくら待っても応募がない保育園もあります。

私が過去に勤めた保育園でも、「すぐにでも1人採用したい」にも関わらず、1ヶ月間応募ゼロ&園長が頭を抱える…なんて事がありました。

 

1人でも多くの保育士に応募して欲しい!そんな保育園が増えてきた為、

固定勤務、曜日の相談OK!

時給や経験年数加算します!

系列園にお子さん預けられます!

その他何でも相談して!

 

ここ数年、このような求人を目にするようになってきました。思い切って面接前に相談してみても良いかもしれません◎

 

個人的に、オープニング求人が狙い目です。

 

 

 

とにかく在職証明書が欲しいなら

保育園に限らず、今は企業が運営する企業主導型保育園もかなり増えました。

認可保育園に入れる為に、とにかくまずは在職証明書が欲しい!と思っているなら、託児所付きの一般企業を探すのも1つの手です。

私自身、「この際提携している保育園があるなら、他職種でも構わない!」と思った時期もありました。

 

 

 

まとめ

  • 働きたいのに働けない
  • 我が子の保育園が見つからない
  • 仕事を探したくてもそれができない

 

このような堂々巡りにハマってしまい、「もう私はずっと働けないんだ…」なんて悩んだ時期もありました。

ですが根気よく待てば、意外なところから選択肢が出てくるかもしれません。

その為にも、

求人サイトや転職サイトの情報をこまめにチェック!

 

常にアンテナを張っておくことを意識したいですね。

 

 

 

 

現在私が勤務している保育園も、転職サイトがきっかけ!

 

産後初めて職場復帰した無認可保育園は、長男が認可保育園に入園したのをきっかけに通勤しづらくなってしまい、やむを得ず退職…

 

今の職場は、保育士転職サイトに登録したおかげでご縁を頂き

人間関係◎

給与など待遇面◎

立地◎

全てにおいて大満足!

パートで採用されましたが、現在はフルタイム正職員として働いています。

園長いわく「あえてハローワークには求人出してないの!」との事なので、保育士転職サイトに登録していたからこそ出会えた職場だなぁ…と、つくづく実感しています。

 

登録は無料!採用が決まるかこちらから申し出るまで、希望に合った求人を定期的に紹介してくれます◎

 

まずは登録だけしておくのもオススメです!私のように、普通だと見つけられないレアな求人を紹介してもらえるかもしれません。

 

 

悩んでいるママさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 
 
 
 
 

ABOUT ME
はちみつこ
30代前半、食いしん坊ワーママ。 長男が自閉症スペクトラムと診断され、記録がてらブログを始めたところ色々書き綴りたくなり、雑記ブログになりました。 実践すればちょっとだけラッキーになりそうな記事も執筆しています!